Saturday, May 10, 2014

子供を撮るならキヤノンかニコンか?

ガラにもなく長文のエントリーです。

「子供の写真をもっとキレイに撮りたいけど、どのメーカーのカメラを買えばいい?」という相談を受けることがあります。

色々なメーカーのカメラを使ってきた経験で言いますと、何を重視するかだと思います。
カメラ本体のデザインを重視する人もいれば、操作性やシャッターフィーリングなどを重視する人もいます。

僕の場合は「絵作り」が最優先事項で、例えば解像度(感)などはあまり重視していません。

ここで言う「絵作り」とは色のバランスです。これはメーカーによって明らかに思想が異なり、よく「黄色のニコン」「赤のキヤノン」などと言われていて、印象としてはそれに近いと感じます。

下の写真は撮影時期、光線具合、構図も異なりますので、比較事例としては良くありませんが、ニコンとキヤノンの絵作りの違いがよく表れているかと思います。

ニコン D3S




キヤノン 5D Mark III


ピントや水平が甘いのは置いといて(汗)、どちらも写真画質としては充分にキレイかと思います。

2つの写真を比較して感じるのは、やはり肌色の違いです。光線具合等を差し引いても黄色が多めに出ているニコンと、色白目に出ているキヤノンという印象。

また、背景の緑もかなり違うように感じます。ニコンは鮮やか、キヤノンはくすんで見えます。

次の2枚も、全然違うシチュエーションですが、メーカーの違いが表れていると思います。

ニコン D3S

キヤノン 5D Mark III

優劣がある、ということを言いたいのではなく、メーカーによって出力される絵が大きく異なること、そして自分の好みに合う絵作りのカメラを買った方が幸せになれるかと。もちろんニコン、キヤノンに限らずソニーでもペンタックスでも良いと思います(我が家はソニーのαも使っています)


「RAW現像すれば、絵作りなんか関係ないじゃん」という意見もあります。

しかし、実際にやればよく分かりますがキヤノンのニコン風にする、ニコンをキヤノン風にするのは、かなり難しいですし、時間もかかります。RAW現像ソフトでパラメーターを設定し、バッチ処理したとしても、結局光線具合などにより色は変わるので、結局1枚1枚調整する必要があります。

小さい子供がいるお父さんは、なかなか大量の写真をRAW現像することができません。「そんなことをやる時間があったら、もっと子供と遊んであげて!」というママの声が聞こえてきそうです。

話がそれましたが、僕の場合は今のところキヤノンの5D Mark IIIというデジタル一眼レフで落ち着いています。普段持ち歩く用として同じくキヤノンのミラーレスカメラEOS M2を使っているのは、他でもない「絵作り」を一元管理できるからです。

「今のところ」としているのは、必ずしも今のカメラで100%満足していないからです。僕が一番好きなのは、コダックのフィルム PORTRA 400の絵です。
PENTAX 67II  Kodak PORTRA 400

残念ながら、今のデジタルカメラでフィルム(ネガ)の雰囲気を出せるものはありません。デジタルは良くも悪くもかっちりしすぎなのかも知れません。

現在はVSCOなどのフィルムの味付けを楽しめるソフトを使うことがありますが、ネガフィルムの雰囲気の再現という意味ではもう一歩かなと思います。

という訳で、最近再びフィルム撮影を再開しようかと考えています。

まとまりがないですが、好みのカメラを買うのがベストだと思います(笑)





7 comments:

  1. 5DMk3のちょっとくすんだ感じ、いいですね〜 僕も好みです^ ^
    この感じは、別のレンズでも同じですか?それなら、コンパクトなEOS M2+パンケーキもいいかなぁ、なんて(笑) Canonのカメラを使ったことがないものでして^^;

    中判もお持ちなんですね!圧縮感といい豊かさといい、素晴らしいです。もちろん肌の色に、やわらかい笑顔も^ ^ 中判は、ずーーっと前から憧れの存在なのですが、なかなか手が出せません(笑) 色調整はPhotoshop等で、ご自身でやられているのですか?
    お店プリントの際は、色調整も含めて依頼というかたちになると思うのですが、好みの色に仕上げてもらうことってなかなか難しいかなと思いまして、手が出せないでいます(笑) お店とのいい関係を築くのも、フィルム写真の楽しみだとは思うのですが^^;
    濱田英明さんの写真が好きで、写真そのものもそうですが、色味も素敵だなと^ ^

    ReplyDelete
    Replies
    1. yokosukeさん:
      そうなんです。EOSのいいところは、このくすんだ感じなんです。キヤノンは色が派手っていうのは都市伝説だと思うんです。上の写真でも明らかにニコンの方が彩度が高いですし。

      バケペンは重すぎ、デカすぎで大分前に手放しました。描写は最高でしたが。濱田さんの色合いはおそらくラボといっしょに作られているのかと思います。上の写真はモノグラムというその手のお店で仕上げてもらいましたので、Photoshop等は不要でした^ ^

      Delete
    2. yokosukeさん、追加です(笑)
      EOSのシステムの美点のひとつとして、フォーマットサイズに関わらず絵作りの統一が図られています。ですので、APS-CのEOS M2と5DMk3はボケ量や高感度耐性等は別として、基本的に同じ絵だと感じています。

      Delete
    3. モノグラムで現像されたんですね^^ 2階のギャラリーにたまに立ち寄ったりします。いまの時代、非常に貴重な存在ですよね。

      絵作りが統一されてるのは、とても安心ですよね。本当に美点だと思います。そこもユーザー数が多い要因のひとつなのかもしれませんね。しかも印刷まで携わっています。現在では動画の世界でも、その存在感を示していますし。

      なんだか、中判熱が再発しそうです!後先を考えないなら、ハッセルが一番欲しいカメラです。故障とうまく付き合っていかなくてはならないと聞いていますが(笑)

      参考になるお話をありがとうございました^^

      Delete
    4. yokosukeさん、中判熱が再燃中なのですね^^ ハッセルブラッドはやはり憧れのカメラですね。中判はこれまでローライフレックス、ペンタックス67ii、マミヤC330を使ったことがあるのですが、いつかハッセルも使ってみたいです。やっぱり500c/mかな~。

      Delete
  2. プチのコメントありがとうございました。
    双子ちゃんなんですかー!可愛いなー。
    フィルムに戻られるとか!笑 僕もデジタルとフィルムの間を行ったり来たりしてます。
    どっちもいいところがあって、どちらかだけってのは難しいですね。何買われるんでしょうか?
    僕はペンタックス67から今はハッセルになってます。
    インスタグラムとかされてますか???

    ReplyDelete
    Replies
    1. まさとさん、コメントありがとうございます!

      結局フィルムカメラはEOS-3という機種にしました。

      ハッセルいいですね。うらやましいです!

      インスタグラムはやってないんですが、タンブラーはゆるりとやっています。やはりインスタグラムの方がメジャーだし良さそうですね。まさとさんのインスタグラム、チェックさせていただきます!

      Delete

Blog Archive

カテゴリ